読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MyShareLifeまとめ

My Share Life(マイシェアライフ)は、「共同生活」、「ルームシェア」、「民泊」をキーワードに21世紀の新しいシェアするライフスタイルを提案する情報マガジンです。

テラスハウスでも流れてた!?ルームメイトと一緒に聴きたい音楽20選【保存版】

f:id:shunyamady:20160723112850j:plain

テラスハウスは、ドラマもそうですが、割とBGMがいい味を出しているところはありますよね。きっと、生活の中で音楽というのは一つ大事な要素を占めているようなする気がするわけですね。ふむふむ。

今回は、ルームシェアを始めた時になんとなく流しておきたい音楽を紹介していきたいと思います。知っているような曲から、なんとなく世代間が出るものまで。音楽を流しているだけで、ちょっと気持ちがはずんでくるものです。ルームメイトの生活が、まるでドラマのように写ってくるかも!

それでは、オススメな20曲を紹介していきたいと思います。

 

<<続きはこちら>>

まるでルームメイト!?なYoutuber関根りさ

f:id:shunyamady:20160723112716j:plain

もしも、女子がルームシェアするなら、こんな人としてみたい。ちょっと秘密な恋愛トーク、休日は車でお出かけしたり、辛い時は相談聞いてくれて、決めなきゃいけないデートの前日には、彼を落とせるメイクを教えてくれる。そんなルームメイトがいたら、最高じゃないでしょうか!?まるでルームメイトみたいなYoutuber、関根りささんのチャンネルが、一緒に暮らしているみたいでかなりオススメ。

2012年から、メイクアップ関連の動画を中心にアップロードを始めて、わずか3年で大物へと成り上がったやり手なYoutuberです。もともと、看護学科が有名な大学を卒業しており、現在も看護師をしているんだとか。そんな両立しているスタンスから、【働くYoutuber】としても知られているみたいです。

 

<<続きはこちら>>

シリコンバレーのFREERIDERが思い返すフードシェア

f:id:shunyamady:20160723112517j:plain

食べ残しを食べるのは、一例です。ですが、この私も全然自慢にならないけど、レフトオーバーを自分の食エコシステムに追加していたようなハングリーな時期があったりもします。それは、サンフランシスコの死ぬほど、高騰した物価の中で…。

すみませんが、世界の食べ残し問題を考えていたというわけではありませんが。この頃は、ある種、街と一体化していたというか、そういったシェアリングエコノミーの究極を感じてたところもなくはありません。

今回は当時のブログをそのまま抜粋して、ご紹介させていただきたいなと思います。
それでは、ステイハングリーステイフーリッシュな一日をどうぞ。

 

<<続きはこちら>>

ポートランドから学べ!これぞ最新のシェアスタイルたち

f:id:shunyamady:20160723112151j:plain

 

全米で最も住みたいランキング1位はーーー。

アメリカで最も「人気がある街」といえば、サンフランシスコやニューヨーク。「いま最もホットな街」といえば、ポートランドです。全米だけでなく、その話題は日本にも上陸してきています。幡ヶ谷のパドラーズコーヒーが「スタンプタウン」、原宿明治取りに展開された「niko and …」、どれもこれも発信源は、オレゴン州ポートランドなんです。

そんなポートランドの魅力は、生活に対する考え方にあり。再開発が進められているこの土地では、物理的な便利さよりも、精神的な心地よさが優先されています。自然が豊かさが歩いてちらつく、この街では自動車は基本的にNG。誰もが自転車を使って、あちらこちらと移動をしています。2015年には「人々の橋」と呼ばれる徒歩・公共バス・自転車だけが利用できる、自動車厳禁な橋がオープンしたほど。

「Keep Portlander Wired(ポートランダーは変わり者であれ。)」こんな文句を掲げた、彼らがなす取り組みの一つにも「シェア」があります。ポートランド郊外に本拠を構えている大手スポーツブランドのNIKE(ナイキ)は、交通局と共に『BIKETOWN』のコンセプトを掲げ、1,000台以上のシェアリングバイクを街に設置すると試みています。

 

<<続きはこちらから>>